アシックス・バレーボールシューズローテ サイバーゼロ【CYBERZERO】 

バレーボールシューズローテ サイバーゼロ

ビックサイズ 半額です!!
割引価格 8,400円 (税込) 送料別


バレーボールシューズローテ サイバーゼロ

ジャンプ動作時の体重移動の軌跡に沿って、反発性のある高硬度のE.V.A.プレートをミッドソールに配置。
体重移動をスムーズに導き、反発性が蹴り出し時に有効に働きます。またかかと部のカウンター形状の工夫により軽量化を実現。




バレーシューズ アシックス (asics) ローテサーパス カイ

バレーシューズ アシックス (asics) ローテサーパス カイχ

アシックスのバレーシューズは好みです。

アシックスからも、いろんなタイプが出ているけど、このアシックス (asics) ローテサーパス カイχは・・

「X(カイ)形状のソール構造により着地衝撃を効率よく緩衝。
ソフトなクッション構造「X(カイ)」システム搭載モデルにローカットタイプが登場。
やわらかで安定感のある厚底ソールと軽快なアッパーで、スピーディなプレーに対応します。」

このバレーシューズの特徴としては、厚底ソールと軽快なアッパーが良いってことなのね。個人的にはアッパータイプはNGなんですよ。

バレーシューズは、履いてみなくては分からないけど、個人的にはローカットモデルで、厚底が好みです。


ミドルカット、ローカット

バレーシューズを選ぶ際、ミドルカットにするかローカットにするかの選択も大切です。

一般的にミドルカットは足首の捻挫を防止する効果があるといわれます。
最近の流行は、くるぶしの下面にフィットするミドルカットが主流のようです。


バレーシューズの選び方

バレーシューズを選ぶ際のポイントについてまとめました。

■試し履きの時間
人の足は、午後になるとむくむため大きくなります。
小さい状態で試し履きをすると、午後になってきつくて履けなくなる可能性があります。
バレーシューズは、学校の帰りや会社の帰りに、試し履きをしましょう。

■バレーシューズのサイズ
バレーシューズの大きさもメーカーによって若干違うところもあるため、必ず試し履きをしましょう。
また、足の形も各自違うため、自分の足の形を知っておくことも大切です。

甲が高きのか、低いのか。
横に広いのか狭いのか

足の形も各自違うため幅広のバレーシューズを選んだり、甲高のバレーシューズを選んだり、あなたの足に合ったシューズを選びましょう。

バレーシューズの試し履き

バレーシューズ試し履きは、両足ともはいて、きちんとシューレース(靴ひも)を結びましょう。

要するに、バレーシューズを実際に履いてみて、動いてみて、フィット感を試すことが必要です。

甲の締め付け具合、つま先の感覚などポイントはいくつかあります。

■甲の締め付け具合
バレーシューズの靴ひもの締め付けがきついと血行が悪くなって疲れやすくなります。また緩すぎると靴ズレを起こして豆の出来る原因となります。ヒモをとおす部分の締め付け具合を調整して履きましょう。

■つま先
バレーシューズのつま先は、履いてみて足の指が動くことが大切です。指が動かないほどキツイと、指の骨の変形などの原因になります。

■アーチ部分
アーチ部分で、自分の足に合わない場合は、クッションなどを入れるか、別のクッションに入れ替えるなどして、フィットするようにします。
合わないと疲れの原因にもなります。